シアリスとバイアグラの最大の違いは作用時間の長さです。ここではそれぞれのED治療薬が持つ特質を記載しています。

シアリスとバイアグラ

シアリスとバイアグラの違いとは!?

ED治療薬3種類の中でシアリスとバイアグラを比較した際、非常に両極端な薬でもあります。

シアリスの作用時間は最大で36時間となりますが、一方のバイアグラは6時間となり30時間もの差があります。

この2つの薬は最も長い時間と短い時間の作用時間を持つ薬とされており、作用自体に異なる事がある訳ではありません。
共に血管を拡張する事でEDの原因とされる海綿体への血液流入の量を増加するとしているので時間的な事だけでどちらが優れているかを判断する事は出来ません。

ただ、一つ言える事はバイアグラ以上の多くの特徴を持って誕生したのはシアリスで有るという事だけははっきりとしている事になります。

例えば、薬を内服する事で9割以上の方に副作用症状が出るとされています。
これはバイアグラでも例外では無いとされますが、シアリスはそれを3割までに抑える事が可能とされています。
血管を拡張した事で血行が促進されたり血圧の低下により起こる火照りや顔に現れる紅潮や目の充血といった事が起こりにくくなり、他にも頭痛等を抑える事が可能とされています。
これは成分タダラフィルだから出来る事です。
時間を掛けての作用となるので急に血行が促進される事も無ければ、血圧が下がる事も無いので、穏やかな作用を齎す事で上記の副作用症状を抑える事が出来るとしています。

又、バイアグラ成分シルデナフィルクエン酸塩は食事の摂取により成分の不活化を起こす事があります。
これを簡単に説明すると腸より吸収される成分となるので腸内に食事が入っている状態では薬が上手く溶け出しにくくなります。
タダラフィルであれば吸収率が良いとされるので一定のCal摂取迄であれば不活化を起こしにくく、これは食事の影響を受けづらい事を意味しています。
その為、相手とのデートで性交前に食事をする事があっても断る必要は無く、2人の時間を十分に満喫する事ができ、日常生活すらを充実させてくれます。

ここまで特徴について解説してきましたが、決して成分が悪い薬という事ではありません。
シルデナフィルは一撃の必殺成分と表現する事ができ、短時間で確実に勃起状態を起こしたい方には間違い無く優れた薬です。
外せない相手との性交では食事等に気を使う必要が有りますが存分に力が発揮される事が期待出来ます。
どちらが良いかの甲乙は付け難いですが、その人に使用状況により使い分ける事が良いのでは無いかとされています。


▼オススメ通販サイト▼
ED治療薬通販サイト|お薬110番