シアリス、バイアグラ、レビトラ、どれが自分に合っているかわからないという方のためにそれぞれのED治療薬の特徴をわかりやすく説明しています。

自分に合ったED治療薬を見つけるには

ライフスタイルに合ったED治療薬選びが重要

人の個性や性格が異なる様に性交の営み方や頻度、時間帯等は様々です。
朝から営む人も居れば夜しか営まない人も居て、週の全てで営む人も居れば週に1回や3回等も回数にも大きな違いがあります。
状況によってもその日知り合った相手と意気投合しホテルに行く人や回数や時間帯に関係無く欲求や衝動に駆られた際に行う人もいます。
10人居れば10人が異なり、それぞれの考え方の影響もある性交です。
しかし、男性の方がそれの妨げとなる原因になる病気、EDを発症した際には充実した性交を営むことが出来ません。

そこで勃起状態を起こす為の治療の選択肢として最初に選ばれるのがED治療薬となります。
人それぞれの形がある様にED治療薬も先行医薬品のみで考えれば3種類、ジェネリックのような海外で販売が行われているものを含めるとその種類は豊富です。

更に錠剤以外のゼリーや発泡剤、チュアブルといった剤形も存在するので、全てを試すには1日1回迄と服用方法が決められているので何日掛かるか分からず、経済的な負担も図りしれません。
ここでジェネリックは先行医薬品を元に同一成分で製造させるものになるので、先行医薬品3種類のどれが自分に合った治療薬かを見つける為の判断材料として特徴等を解説します。


国際的にも初めて誕生したバイアグラは、作用が強く一気に作用する特徴があるとされています。
服用から効き目が発揮される迄には40分から1時間程度とされ、効き目を失う迄の時間的な猶予は最大で6時間。
ここぞという時に用いる事でこの薬は最大限に活きてくると考えられ、初めての相手と性交を営む際や相手との大切な日等に用いる事が最も適した薬とする事が出来ます。

つづいて誕生したレビトラは、何よりも速攻性を特徴的です。
服用から効き始め迄に掛かる時間は15~20分程度となり、時間的猶予は最大で10時間。
ベッドインする直前やシャワーを浴びる前位で丁度良く、突然に起こる欲求や衝動が起きた際や一夜を楽しむだけの相手で有れば最も有効となります。

最後のシアリスですが、最も効き始めが遅く個人差が大きく1~4時間と3時間もの差があるので素早い効き目を期待する事ができません。
ですが、時間な猶予が最もある薬となり、最大で36時間の持続力が有り、更に唯一、食事の影響を殆ど受けない薬でも有るので時間に関係無く相手とのデートや食事等の日常生活も楽しみつつも性交も十分に楽しみたい方に適しています。
これらを元に自分に合ったED治療薬を見つけてみてはいかがでしょうか?